Blog

2017年7月12日

人材から人財への道のり
VOL 1::ベトナム人スタッフはなぜ、相談しないのか?

弊社のあるスタッフにある文書作成をお願いしたときに、丁寧に概要を教えた後できますかと尋ねたら、「はい、できます。」と返事をする。期日になって、状況を確認したらできましたということで、その文書をみると予定にない文脈になったので、その理由を聞くと。「私はこのように理解したので、変えました。」、じゃ、なぜ、相談して、許可を得ずに勝手に判断したわけ?「この仕事は任せられたので、自分で判断できると思いました」と・・・

みなさんも同じようなシチュエーションを遭遇したことがあるに違いありません。他にもいろいろあります。

  • 仕事を与えたら、まったく報告がない
  • 報告がないので、何をやっているか回りには全く知らない
  • 報告を求めたら、違うやり方でやっていることが発覚する
  • なぜ違うやり方をしているか聞いたら、他のやり方はないからという
  • 全く相談がない、などなど

この相談しない病の病因は何かと考えたときに、ベトナム学校の教育に大いに関係することが気づきました。代表的な理由は下記のとおりです。

  1. 先生が絶対ということで、学生の自由な議論を推奨しない。
  2. 回りと違う意見を持つのはよくない、出る杭が打たれる的な雰囲気がある。
  3. 先生のいうことを従っている学生が好まれ、先生にも特別扱いされる。
  4. 教育省により、パターン化された模擬回答がよい回答である。
  5. 完璧に仕上げてからではないと、相談すべきではないと考えている。

この環境に置かれる学生は自主的な考えを持たなくなり、先生に教えられた正解をコピーするのがもっとも省力で安全と気づく。社会人になっても、自分の意見を持たない、上司に過剰に怖がり、上司から正解をもらうのを期待し、オペレーターになりたがっている。その中で、上司からは指示が曖昧、やり方がよく分からない、あるいは予期しない状況に落ちると遠慮して上司と相談しないで、何とか自分で解決しようとして、ミスをしてしまうわけです。

ですので、弊社では上司は怖いものではない、上司は必ず正解を知っているわけではないので、一緒に考えて、正解を導き出すことを教えます。さらにまじめな子ほど相談すれば済むことをかなりの時間をかけて、仕上げようとするため、100点満点に対して、70点ぐらいで相談するよう指導しています。すぐには行動は変化しないのですが、半年ぐらいこのようにフォローアップしたら、次第に相談するようになり、そうなったら、本人のパフォーマンスも自然に向上して、仕事が楽しくなるわけです。

これに関して、もう一つ気づいたことがあります。相談できる子ほどチームワークも強い。相談して、みんなの知恵を自分の知恵にし、仕事を上手にこなし、スピーディーに自分を高められるわけです。言い換えると、チームワークのできる子は相談もできると言えるわけです。弊社で採用時に使う適性診断(HCi-ASというテスト)ではちょうど、チームワーク指数(100点満点)があり、過去現在の採用事例を見ると、チームワーク力=相談力はほぼ実証済みです。

弊社では採用時には適性診断で、相談力の高い人材を採用し、上記のようにフォローアップすれば、半年後によいスタッフを手に入れる構図になっています。皆さんもトライしてみてください。

次号では距離感を縮める魔法のコミュニケーションツールとは?について、話したいと思います。

―――――

プロフィール
Nguyen Dinh Phuc
E-mail: nguyen.dinh.phuc@hrnavi.com
Tel: 097 869 8181

国費留学生として、選ばれ、1996年~2006年まで日本で留学と仕事を経験したのち、ベトナムに戻り、日系企業に対して、経営助言のコンサルティングをしました。ベトナム人は比較的にレベルが高くないという実態をなんとかしたく、2010年からアイグローカルリソースを創設、ベトナムにある人材のレベルアップを会社のミッションに、日々、努力しています。