Blog

2017年10月11日

人材から人財への道のり
VOL 4::節約すき、我慢好き?

うちの会社ではパソコンに関して、やや変わった制度をとっています。パソコンは社員自身で用意してもらい、それに対して、月額50万ドンの補助を出します。会社が社員のパソコンを借りて、社員本人に使わせる考え方です。社員は自分のパソコンなので、大切に使うし、慣れているし、会社は固定資産を抱えないのがこの制度を導入した理由です。同時に、お金がなくて、パソコンを用意できないスタッフのために、パソコン購入のために無利子でお金も貸す。会社へのローン返済はPC補助金で充てると、3年程度で、自分のPCをもつことになる計算で、とてもお得な制度に違いありません。

しかし、この制度を導入したところ、意外に古いパソコンを使い続けるスタッフが非常に多いことが浮き彫りになりました。

聞いてみたら、みんなが口をそろって、まだ使えるPCなので、捨てるのはもったいないと。はい、確かに使えていないわけではないが、電池が15分で切れちゃうもの、死んでいるキーがいつくもあるもの、処理スピードが極めて遅いものと様々で、とてもハイパフォーマンスを出せるようなPCではありません。

つまり、パフォーマンスや利便性を無視してでも、節約する習慣があります。節約というより、我慢と呼んだ方がが正しいだろうとお思います。

思い出しますと、自分が21年前に日本に留学した時、それなりの金額の奨学金をもらっていたにもかかわらず、一所懸命節約しましたね。当時のベトナムは非常に貧しかったので、ためたお金を家族に送りたかったです。田舎から出てきた社員で家族に仕送りする子はこれにあたります。しかし、家族に仕送りしない、逆におこずかいをもらっている社員も生活水準を極限に下げて、節約、節約ばかりに走っている社員はかなり不思議に思います。それに上長して、ベトナムでは安かろう悪かろう的なご予算に合わせるサービスがいっぱいあり、節約するための土壌ができています。

弊社の20代スタッフだけのことではなく、50代、40代の友人を見ても、ある程度所得があるにしても、消費より節約を選ぶ人たちが多いように思います(※見栄えにかかわるようなiphoneは別です)。子供のための資産形成という理由もかなりありますが、消費することによって、良いサービスを受けられる経験を持っていないことがもっとも大きなポイントだと思います。

そういう意味で、会社からお金を借りて、よいパソコンを使えるのも消費促進の一つです。
社内イベントはなるべくサービスのよいレストランやホテルを選び、正式入社する時によいお洋服やカバン、靴を揃えてもらいたいために入社祝いを出すなどと、いろいろ細かい施策を実施してきました。劇的な変化はとうぜん見られませんが、徐々に変わっていくのは楽しみの一つです。さらに働く意欲と消費促進のために、ライフプランコンサルタントの友人を頼んで、全社員に対してのコンサルをやってみようと思っています。

次号では「質問は今、ありません。問題があったら、聞きます。」について話したいと思います。

―――――

プロフィール
Nguyen Dinh Phuc
E-mail: nguyen.dinh.phuc@hrnavi.com
Tel: 097 869 8181

国費留学生として、選ばれ、1996年~2006年まで日本で留学と仕事を経験したのち、ベトナムに戻り、日系企業に対して、経営助言のコンサルティングをしました。ベトナム人は比較的にレベルが高くないという実態をなんとかしたく、2010年からアイグローカルリソースを創設、ベトナムにある人材のレベルアップを会社のミッションに、日々、努力しています。