Blog

2017年8月16日

人材から人財への道のり
VOL 2::距離を縮める魔法のツールとは?

日本人管理者として、ベトナム人スタッフとうまくコミュニケーションするのは日々の悩みの種だと思います。言葉の壁もありながら、習慣、考えの違いなどでどうしても深いコミュニケーションができないことが原因です。男性の多い職場ですと、いわゆる「飲みにケーション」でカバーすることできるのですが、若い女性の多いサービス業の職場ではなかなかコミュニケーションがとりづらい。しかも、「報連相」が弱いと言われているベトナム人スタッフですので、放っておくとまったく何も言ってこない。社内でベトナム人対日本人で見えない隔たりができてしまうわけです。

よくある例えで、角にごみが落ちている面接控室に応募者を通すと、中国人の応募者はポケットからごみを出して、そこに捨てる。タイ人はゴミがあることにすら気づいていない。ベトナム人は気づいたが何もしない。日本人は気づいて、片付ける。例え話ですが、よく当たっています。そう、ベトナム人は気づいてはいるが、行動に移さないのです。弊社の日本人社員がたまに出張で事務所にきても、ベトナム人同僚は最低限挨拶はするものの、それ以上声をかけることもせず、ましてやランチなどに誘わないことは、いわゆる「気づくがアクションしない」ことが起因だと考えれます。

なぜ、アクションをとらないかと考える時、何点かあげられます。

  1. 遠慮している(場合によっては人見知りに近いかもしれない)
  2. 外国語を話さないといけなく、間違ったら悪いと億劫に考えている
  3. 挨拶の他、どうやって声をかければよいか分からない
  4. 本質的に相手をケアする気持ちが相手を喜ばせることであることを理解していない
  5. (日本人が上司の場合)上司が怖い
  6. ・・・などなど

つまり、解決策としてはこちら(日本人、管理者)から声をかけるべきでしょう。
しかし、仕事しているときに、特定のスタッフにだけ話すわけにもいかないし、いきなり声をかけられてもスタッフがびっくりする。それから、なかなか会話が続かない。気軽に話せて、相手の自由(気)を奪わず、他のスタッフに迷惑かけないコミュニケーションツールと考えるときに、SMSやSNSのチャットが思い浮かべます。ちょっとしたことでも話せて、気楽、プライベート感満載というのが特徴です。

弊社では全社で業務用チャットワークの導入をきっかけに、上司と部下、日本人とベトナム人の間で気軽にチャットができるようになりました。これまで、朝礼や部の会議でしか会話ができなかったスタッフに対しても、話せるようになりました。「元気?、昨日、良かったね。今日も頑張ろう」と一言をかけてあげると喜んで、返信してくれます。何か浮かない顔しているときにはちょっとチャットから始め、しばらくして、会議室で話そうかと誘ったら、非常にスムーズに会話を進められるようになります。それから、今どきの若い社員が好きな絵文字や文字入りの絵を添えてあげるとかなり喜んでくれます。次第に職場も明るくなり、みんなが生き生きしています。

とはいうものの、Face To Faceを超えるコミュニケーションツールはありません。チャットはあくまでも導入ツールだけにして、会話の重要な部分に入ったら、対面会話に移ることに気を付けるべきです。さもなければ、スタッフ同士で延々とプライベートチャットが続いて仕事に身が入らず、パフォーマンスが落ちてしまう可能性も否定できません。あわせて行動管理あるいは結果にコミットするような人事制度の導入もお勧めです。

次号では口でお金を否定したがるベトナム人について、考えたいと思います。

―――――

プロフィール
Nguyen Dinh Phuc
E-mail: nguyen.dinh.phuc@hrnavi.com
Tel: 097 869 8181

国費留学生として、選ばれ、1996年~2006年まで日本で留学と仕事を経験したのち、ベトナムに戻り、日系企業に対して、経営助言のコンサルティングをしました。ベトナム人は比較的にレベルが高くないという実態をなんとかしたく、2010年からアイグローカルリソースを創設、ベトナムにある人材のレベルアップを会社のミッションに、日々、努力しています。